アグリリン(本態性血小板血症治療剤)医療従事者向けサイト
アグリリン(本態性血小板血症治療剤)医療従事者向けサイト

日常臨床下でのアグリリン用量調節法の目安

投与中は、患者さんの来院のタイミングに合わせて、定期的に血小板数モニタリングを実施し、目標血小板数未満に維持される必要最小限の用量を使用してください。
本剤に忍容性が得られるまで、本剤に関連する有害事象のマネジメントを行ってください。
日常臨床下でのアグリリン用量調節法の目安

【用法・用量】

通常、成人にはアナグレリドとして1回0.5mgを1日2回経口投与より開始する。なお、患者の状態により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として0.5mgずつ行い、1日4回を超えない範囲で分割して経口投与すること。ただし、1回用量として2.5mgかつ1日用量として10mgを超えないこと。

〈用法・用量に関連する使用上の注意〉

  1. 本剤は目標血小板数未満に維持される必要最小限の用量で使用すること。(「臨床成績」の項参照)
  2. 本剤による治療中は血小板数を定期的に観察すること。
  3. 1日用量として7mgを超えて検討された本邦での試験成績はない。
  4. 本剤の血中濃度が上昇するため、中等度の肝機能障害のある患者では、減量を考慮するとともに、患者の状態をより慎重に観察し、有害事象の発現に十分注意すること。(「慎重投与」、【薬物動態】の項参照)
本剤の用量調節についての患者さんへのご説明にあたっては、患者さんへの説明ポイントの項もご覧ください。